生活動線を考えたマイホーム作り

快適に生活するために生活動線を考慮した家作りが大切です。玄関ホールからリビングやキッチンへのアクセスなど実際に生活した時のイメージを元にして間取りを決めていくと良いです。次に玄関ですが、玄関が狭いと家族で出掛けたりする時や外出先から帰宅する際に不便になります。荷物をたくさん持って家の中に入るケースも多いため出来るだけ玄関スペースは広く取っておきたいです。毎日、必ず通る場所のため生活動線を考えて玄関スペースを広くしておく事が重要です。その他には、キッチンからゴミを出す際に勝手口があると非常に便利です。溜まったゴミを袋にまとめて勝手口から外に出しておけば室内に臭いが篭りません。キッチンから勝手口に直接アクセス出来るようにしておくと便利です。洗濯した後に干しやすいように脱衣所から物干し場まですぐにアクセス出来ると便利です。洗濯物の量は、家族が増えるに連れて多くなります。洗濯物を物干し場まで持っていきやすいように考えると生活が楽になります。

PR:群馬県太田市で注文住宅を建てるなら子育て世代の家設計室