注文住宅を建てて良かった方が良いと思ったこと

新築の家を建てようと思った時に私が注文住宅を建てて良かったと思ったのは

注文住宅を建てたおかげで家族全員が納得できる家を建てる事ができたと思いました。

それはどうしてかというと、注文住宅にしたおかげで家の作りを家族全員で相談して

どういう家にしたいかという話ができたからでした。

もし、これが建売住宅だった時はそういう話はできていなかったと思います。

なぜなら、建売住宅にしていたらもう最初からすべて決まっているので家族で

どういう家にしたいかを話す事もないからです。

ですから、家を建てる時に私は本当に注文住宅にして良かったと思いました。

特に家を建てるという点でこれほど家族がみんながみんな意見を言ってどういう家にしたいかという

話ができたのは本当に良かったです。

その結果健康的な家に住みたいという結論になって木造の新築住宅を建てる事になりました。

最初は新築の家を建てるにして木造にするという話になっていなければ今木造の家に住んでいたかも

分からないです。

ですから、注文住宅にしていろんな意味で良かったと思いました。

家自体も良い家になりましたし家族が納得した家を作れたという点でもすごく良かったと

思いました。

少なくともそう感じました。